店主 杉岡昭夫お店紹介杉岡流菓子
店主 杉岡昭夫
店名の「セゾン」は、フランス語で「季節」という意味です。
日本は季節の移り変わりがある素晴らしい国ですからお客様にも季節を感じていただくためにお菓子に
飯塚の「四季」を入れてお菓子を作っております。
それがセゾンのオーナーシェフとしての杉岡昭夫の考え方「杉岡流菓子」なのです。
昭和32年9月11日福岡県嘉穂郡生まれ。
子供の頃から料理に興味があり、高校卒業後は迷わず料理人を志し上京しました。
19歳の時に横浜のホテルで食べたケーキの美味しさに心底感動し菓子職人になる決心をしました。
それから横浜の「十番館」というレストランの洋菓子部門から菓子修業がスタートしました。
その後、福岡の「赤い風船」、「博多全日空ホテル」と修行を重ね、
1987年 30歳の時、売場がほんの4坪しかない店を妻と二人で 開店しました。
現在はお客様に見守られスタッフに支えられ日々新しいお菓子作りに励む毎日です。  感 謝
 top お問合せ
道案内セゾンの24節気定休日セゾンの風景四季のうつろい
セゾンのショッピング
Copyright(c) 2007.SAISON All rights reserved.